ひとりっこ文鳥

一羽飼いの女の子

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

文鳥屋敷 in あいちトリエンナーレレポ  

※この記事はとっても長くて、写真も動画も多いです。

コメント欄で教えて頂いたイベント「あいちトリエンナーレ」に今日行って来ました。
と言っても、4階建てのビル1軒をまるまる鳥の家にしたという展示のみです。

まずは概要を・・・
あいちトリエンナーレ 会期 2016・8/11~10/23
(愛知県で2010年から3年ごとに開催されている国際芸術祭)
名古屋市内、岡崎市内、豊橋市内の複数の場所で展示されていますが、
鳥が100羽、放し飼いされているという展示「フーガ」は、
豊橋会場 水上ビル(定休日水曜、開館時間11時~19時)でした。
料金は豊橋会場だけ観るなら、おとな300円(中学生以下無料)です。

参考までに行き方をもう少し詳しく・・・
水上ビルはJR豊橋駅から600m徒歩8分の場所にあります。
うちは車で行ったので、パーク500という豊橋市駅前大通地下駐車場(500台)
に停めました。30分150円、4時間以上24時間打ち切り1200円。
(お得な1日駐車券1000円も事務所で売ってます)
10時に着いて車を停めて近くの「ほの国百貨店」の6階でチケットを購入しました。

さていよいよ、会場へ。といっても早く着き過ぎてスタッフさんが3人、
それ以外は人がいません。平日だったので、通り自体、人がいない・・・
水上ビル(くるまやラーメンという看板があるビル)は古い雑居ビルといった趣きです。

入口に注意書きが。簡単に書くと、鳥に触れない、フラッシュ撮影禁止、
食べ物を持ち込んであげてはダメ、時計など光り物は外す、です。
あと、注意事項として、一度に10人しか入れないので、混んでいると待ちになります。

入口の写真。ドアが二重になっていて、スタッフさんの誘導で出入りします。


こんな感じで人の住まいが鳥仕様になっています。


窓からも止まり木?が飛び出し、ネットが張られています。


4階建てですが、まず下層階の鳥のいなさっぷりと言ったら(^^;)
やっぱり高いところが好きなんでしょうか、4階と屋上にほとんどいました。
見た感じ、鳥種としては、文鳥7:十姉妹2:その他1、という感じです。

昔は住まいとして使われていたんでしょうが、結構ボロボロでビックリしました(;´・ω・)


一番鳥が多くいた部屋。部屋中に棒が張り巡らされていて人は入れません。


それを知っているのか、奥に集まった文鳥さんたちはまったりモード(笑)


動画です。歌っている子がいたりと賑やかです♪(39秒)


さて屋上に上がります。こんな感じで網で囲われています。


何羽いるかわかりますか?人が来ると天井に張り付いてしまいました(^^;)


さっきの人が入れない部屋と違って、敵が来たぞとばかりの警戒心バリバリです(;´・ω・)
あまりの逃げっぷりに申し訳ない気分になります。
でも青空をバックに文鳥さんという図は、とっても新鮮です。


似たような動画ですが、3連続で。
この動画だけ最後に笑い声が入るので注意ですm(__)m(37秒)


今日は強風だったので、風の音がすごいです。(50秒)


みんなへばりついています(^^;)ちょっと隠れてる子がいたりして(28秒)


少ししてからまたのぞいたら下にいました(20秒)
動画は全てその場に私だけがいる状態で撮りました。
なので、この動画も最後娘が来たので、飛び去っています(^^;)


下に戻ります。文鳥は文鳥同士、十姉妹は十姉妹同士、一緒にいます。
やっぱり同じ種同士がいいのかな。あとは群れから離れて行動する子たちも・・・
ここは十姉妹さんたちがいました。

うーん・・・古い畳とか壁紙とか、鳥が齧って大丈夫なのかな?(・_・;)
あとこの写真の窓際に1羽、文鳥さんがいるのがわかりますか?

寄ってみました。ひとりで窓際にたたずむシルバー文鳥?さん。


下層階の床でずーっとじっとしている白文さん。
すこし近づいてみたんですが、チョンチョンと移動するだけで飛びません。
少し心配になりました。見た感じ元気が無いとかは無かったですが・・・


こういうひとりでいる子が気になってしばらく離れて見ていました。(^^ゞ
あとはふたりだけで行動していた桜文さん。ペアだったのかな?わかりません。


せっかくなのでこの子たちの動画も(34秒)


元々、触れるのは禁止ですし、ふれあいを期待していた訳では無いですが、
手乗りでは無い(荒鳥ですよね)とこれだけ、人と距離を置くものなんだな~と
納得するような、寂しいような、手乗りの特別さを再認識と言いますか・・・・
完全にアウェーな気分でした。でもそれでいいと思います。
中はスタッフさんの目が届かないので、悪い事をしたり、万が一誘拐など、
心無い人がいるかも知れないので、警戒心は逆に安心します。

結局50分いました(^^;)夫と娘は先に出て待っていて「遅い」と言われました(笑)
私がいる間に6人ほど出入りがありました。でも狭いですし、
通路も人が行き来できる広さも無いので、そう長くはいられないと思います。


最後にこの展示の説明文を公式サイトから・・・
ラウラ・リマ Laura LIMA
1971年ゴヴェルナドル・ヴァラダレス(ブラジル)生まれ
リオデジャネイロ(ブラジル)拠点

「飛び舞う鳥のもとで、人は何を想うか」
リオデジャネイロにおいて哲学と視覚芸術を学ぶ。
90年代半ばから、人間と動物を「物」として等価に扱う一連の作品を発表。
それは既存の枠では捉えきれない、謎を秘めた作品となっている 。
今回は、4階建てのビルに小鳥を100羽放し飼いにするという作品を展開する。
狭い建物の中で、人間と鳥がまったく同じ状況に置かれることで、
普段感じているはずの差異が曖昧なものへと変化していく


う~ん、「人は何を想うか」・・・正直に言うと、
現代アートを鑑賞というより、完全にお世話係目線でした(^^;)
鳥たちは大丈夫なのかな?健康診断はちゃんとやってくれてるのかな?
水は1日に何回替えてくれているのかな?こんな事ばかりでした(^^;)
スタッフさんが3人いるんですが、入り口だけに配置なので、
中には一人もいません。何かあったら気づいてもらえるのかな・・・とか。
スタッフさんは学生のバイトっぽい感じだったので、何も聞けませんでした(;´・ω・)

娘が「水浴びしたそうな子がいたけど、お皿の水が汚れてたよ」と。
そういうお皿を持ってスタッフさんのところに行って「替えてもらっていいですか?」なんて
完全に変人、あるいはクレーマーと思われるでしょうね、言えません(^^;)
(追記:でもごはんも水もいろんな所に置いてあったので、
ご飯切れ、水切れの心配は無いと思います。ボレー粉もありました)
ネットの評判通り鳥屋敷だ、わーい、とテンションが上がったのも事実ですが、
ちょっともやっとしたのも正直な気持ちです(^^;)でも一見の価値はありました!
(教えて下さった方、本当にありがとうございました!知らなかったら行かなかったです)
少し気になるのが、この鳥たちは会期が終わったらどこへ行くのかな・・・?ちょっと心配(^^;)


2016/8/30 体重 25.5g

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ランキング参加中です♪
いつもぽちっと応援ありがとうございます!


category: 文鳥の日常

tag: ・動画 
tb: --   cm: 12

コメント

トリエンナーレ、、行かれたんですね!? 
「日曜美術館」で紹介されたのを見て行きたいと思ったのですが、
愛知だったので、、、(^_^;)
でも私もすぐに同じことを思いました。
確か100羽いると聞きましたが、期間中の
お世話のこと、終了後のこと、、、。
その様子がどんなに素晴らしいアートであっても、
文鳥さんは生き物ですからね〜。
いろいろ考えてしまいますね!?

すずめ #- | URL
2016/08/31 06:35 | edit

もう、行ってきたんですね。トリエンナーレ
9月に入ったら子供たちが新学期で 少し混雑していないから 行こうかなと思っていましたが…ゆずぽんさん 行動が早いです。
作品のいろいろなこと ていねいに書いてくださり、ありがとうございます。

あの鳥さんたちは同じビルのペット屋さんからお借りしてるとかで、高齢なので閉店するとどこかに書いてありましたが…確かに会期のあと、鳥さんはどこに行くのでしょう⁇
鳥と家族のように過ごしている私たちには、
あの会場の鳥さんが心配になりますね。10人ずつしか入れないと聞いて少し安心しました。
ゆずぽんさんにお知らせした時は、私も興奮状態でコメントしましたが、後で鳥さんたちが気になりました(~_~;)
掛川花鳥園に似てるけど、お世話が行き届いているかは 疑問ですね。これもどこかに書いてありましたが、鳥担当責任者の名前が ちゃんと書いてありました。
手乗りではないから、寄ったら逃げるんだろうなぁとは思ってましたが、ちょっと寂しいですね(>_<)

ゆずぽんさんのレポートをしっかり読んでから、行きます(^○^)

ベルっち #- | URL
2016/08/31 09:00 | edit

おはようございます♪

「あいちトリエンナーレ」のこと、初めて知りました。
面白い展示の仕方ですね。
4階建てのビル全部が鳥さんのお部屋とは!

全部、荒鳥なんですね。 
手乗りだったら、楽しいですよね。
でも、鳥に触れたりするから、衛生上、ダメなのかな。

ほんと、この会期の後、どうするんでしょうね。
それより、会期後、荒鳥を100羽近くも、どうやって捕まえて、
片づけるんでしょうね・・・?
ちょっと心配です・・・。


Happy #- | URL
2016/08/31 10:00 | edit

夏休みの自由研究レベルのレポートですよ!

こんにちは~
すごく分かりやすい丁寧なレポートありがとうございます。(^◇^)
十分、自分も行った気分になれました!

これ、先日TVで紹介されていたので娘と「文鳥さんがいっぱいだね~」と感動していたんですよ(^^♪
でも、文鳥さんがたくさん古民家にいるというだけ?で、これが芸術というと芸術なのか?芸術だと思えば芸術で?・・・芸術家でない私にとっては芸術家の考えることはよく分からないな~というのが感想です^^;
それでも、こんなにたくさんの文鳥さんに一度に会えることはほとんどないのでそういう面では感動ものですね(^_-)-☆

これだけの文鳥さんを見るとつい手を出しておいで~ってしたくなりますが、触ってもいいとしても絶対に手に来ることのない荒鳥さん達。
文鳥さんが手に来ないというのが不思議に感じてしまいます。
なので改めて、手乗り文鳥さん(つぶちゃん!)がすごくかわいいな~って思っちゃいました。←親バカw

こつぶ #- | URL
2016/08/31 10:16 | edit

こんにちは!   ゆずぽんさん、素晴らしいレポートですね(≧▽≦)
愛知では遠くて行けないのでゆずぽんさんのブログで行った気分になります。見ていて心配になったのは終わった後の小鳥さんたちの回収をどうするんだろう?見つけてあげられなくて外に逃げていってしまわないか、、、等。うちではラムダを逃がしてしまっているので、余計に心配です。手乗りならともかく荒鳥では、、、。家族同然の文鳥さんなのでついつい思い入れが(;_:)  と言いつつ、ゆずぽんさんの詳細なレポートに食いつきぎみ(笑)に見てしまいました。   以前の掛川花鳥園のレポートのとてもよかったです!こちらの方は行ってみようと思ってます。

てんきち #- | URL
2016/08/31 11:06 | edit

Re: すずめさんへ

すずめさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

「日曜美術館」で紹介されたばかりなんですよね。見逃してしまって。
テレビに出たばかりだから、混むかなと思って早く行ったんですが、
平日ですいていました(^^;)

そうなんです・・・人の住まいの主が鳥、という試みは、
最初聞いた時はすごい!と思ったんですが、
実際行って見ると、色々気になってしまって。鳥飼いならではですかね。
屋上の網も、もし何かの拍子に破れたらどうなるんだろうとか・・・
帰ってからTwitterで検索したんですが、やはり気にされている方、
結構いらっしゃいました。やっぱり気になるよねぇ。。。と(^^;)

ゆずぽん #4rNZq51s | URL
2016/08/31 13:22 | edit

こんにちは^^ 現代アートといっても生き物が絡まないのなら
否定しませんが、小鳥がこんなにたくさん居心地が悪そうな家に
入れられてるのは驚きです。 手乗りでないなら確かに展示終了後は
どうやって捕獲するのか、その後の行き先とかと心配が尽きないですね。
小鳥達が不幸になりませんようにと思ってしまいました。
ゆずぽんさんも驚かれたでしょうね。

ちゃたろう #- | URL
2016/08/31 13:30 | edit

Re: ベルっちさんへ

ベルっちさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

私も迷ったんですよね、9月に行くか。でも気になって気になって(^^;)

同じビルのペット屋さんからお借りした、ですか・・
貴重な情報をありがとうございます。
なんだか(批判じゃないですが)色々受付の方に聞いてみたかったんですが、
3人いらっしゃって、雑談をしてたりして入りにくいというか、
聞きにくい印象で・・・ウザイと思われるかな~とか(^^;)

10人ずつしか入れないというのは、私も安心しました。
花鳥園と比べたら・・・確かにそうですね。
鳥担当責任者の方、会場に来たりするんでしょうか。
どういう管理をしているのかは、とっても気になりました。

本当にすごい勢いで逃げられますよ~(^^;)
嫌われている?とショックを受けるぐらい(笑)
ベルっちさんも行かれたら、また色々教えて下さいね(^▽^)/

ゆずぽん #4rNZq51s | URL
2016/08/31 13:30 | edit

Re: Happyさんへ

Happyさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

ですよね。私もビル丸ごと鳥の家!と聞いた時は、興奮しました。
花鳥園のようにりんごを持っている訳でも無いので当たり前ですが、
一斉に鳥たちに逃げられるというのは、ちょっとショックでした(;´・ω・)
でもやっぱり触れたらそれはそれで心配なので、これがベストなんでしょうね。

会期後の事、どこへ行くのかなという心配はあったんですが、
それ以前のどうやって回収するか、という事には思いが至りませんでした(^^;)
確かに・・・網とかで捕まえるんでしょうか?
ああ・・・嫌な予感しかしません(´;ω;`)
いやいや、もしかしたら鳥歴の長いおじちゃんとかが、
熟練の技で、ささっと回収するのかもしれない。。。などと思ってみたり。。
こういうのってどこかに問い合わせたら、教えてくれるのかな、とか思ってます。
でもなぁ・・・公式のお問合せってとこはこんな疑問なんて・・
うーん、10月下旬までの開催ですが、ずっと気になると思います。
色々調べてみよう。。。

ゆずぽん #4rNZq51s | URL
2016/08/31 13:41 | edit

Re: こつぶさんへ

こつぶさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

ありがとうございます~。行かれない方も多いと思って、
できるだけ詳細にレポしてみました(^▽^)/

私も100羽が放し飼い!と、その言葉から受けるインパクトだけで、
すごい~と思っていたんですが、実際に目の当たりにすると、
色々気になって、ちょっと批判的な内容になってしまいました(^^;)

荒鳥、ショップでケージに入った状態しか見た事がなかったんですが、
ここまで逃げるものとは・・・私も文鳥さんは手乗りしか知らないので、
衝撃的でした。こつぶさんのおっしゃる事、とてもよくわかります!
私もすごくピッピに会いたくなったというか、愛おしくなりました。
あの場所での鳥さんたちは、完全に仲間は鳥だけ、人は別、だったので(^^;)

ゆずぽん #4rNZq51s | URL
2016/08/31 13:56 | edit

Re: てんきちさんへ

てんきちさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

ありがとうございます♪そう言って頂けて嬉しいです。
そうなんですよね、私も回収をどうするか、というコメントを頂いて初めて、
荒鳥だと全員集めるのも大変だろうな・・・と。元々が人の住まいなので、
いろんなすき間もありますし、入り込んでしまったりしないのかな?などなど。。。
そもそもちゃんと100羽いるのか、ちゃんと把握しているのかな、も
よくわからないですし・・・大丈夫かなぁ
特に屋上の網は今後台風がもし上陸したら、壊れてしまわないか、
逃げてしまわないか、心配になりました。(批判ばかりですね(;´・ω・))

花鳥園、楽しいところですよ!鳥たちが作業している園の方の肩に乗ったりして、
信頼されているんだなって感じました(⌒∇⌒)

ゆずぽん #4rNZq51s | URL
2016/08/31 14:14 | edit

Re: ちゃたろうさんへ

ちゃたろうさん、こんにちは!コメントありがとうございます。

そうですね、すごく難しい問題です。
多分一般の方の目線と、鳥飼いさんたちの目線はかなり違っていると思っていて、、、
ちゃんと逃げないように閉鎖されていて、ごはんと水があって、
自由に飛び回れているので、普通は居心地が悪そうとは感じないのかも知れません。
私は手乗り文鳥しか知らないので、余計に衝撃的でしたが・・・

終了後の事、やっぱりこれが一番気がかりです。
100羽といえば相当の数ですし・・・これからも情報収集しようと思います。
今の時代、SNSで色々情報が出回るので、この鳥たちについて何かわかれば、と思っています。

ゆずぽん #4rNZq51s | URL
2016/08/31 14:38 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

 

タグ一覧

最近の記事+コメント

月別で読みたい方はこちら

FC2カウンター

新しい順に並んでます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。