ひとりっこ文鳥

一羽飼いの女の子

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ケージ(1)マルワM-757手のりかご&寒さ対策  

ピッピと一緒に買った「マルワ M-757手のりかご」ですが、
結局メインケージとして使ったのは冬の間だけでした。



「マルワ M-757手のりかご」  (32×38×40cm)

※追記 2015年秋に発情を指摘されてからは、つぼ巣は使っていません。

ケージが狭く、保温電球を中に入れたくなかったので、
まずセリアでワイヤーネットを4枚買って結束バンドで外枠を組み、
S字フックで保温電球やサーモのセンサーを枠に取り付け、
クオリス 小鳥カゴの防寒カバーL(48×48×57cm)を被せました。
防寒カバー前面は開けられるよう切り込みを入れています。
夜寝かせる時はHOEIおやすみカバータイプE(46.5×46.5×56.5cm)を被せています。
※外枠に合うよう、ケージより随分大きいカバーを買いました。



※9/9追記:
使った材料は、セリアのワイヤーラティス(26×40.5cm 7×11マス)を天井に1枚
ワイヤーラティスワイド(41×52cm 11×14マス)を壁に3枚使いました。

これで組むと、M-757手のりかごと外枠との間にマルカン保温電球40wが入ります。
外枠自体のサイズは41×41×52cmになります。
ひとつ欠点があるとすれば、床を作らなかったので、四角い形がゆがみやすいです(^^;)
(画像を見ても斜めっているのがわかると思います。その都度、手で直します)
ですが、床を作るとケージを出し入れする時に邪魔なので、
あえて天井&壁のみにしています。

※11/23追記
外枠を組んですぐはピッピも怖がったので、しばらく外枠のみで置いておき、
放鳥時など、少しずつ慣れてからケージをセットしました。



ですが、このケージではあれこれ入れようとするとやっぱり狭いです。
春になって保温が必要無くなったらもっと広いケージで飼いたいと思い、
大きいケージが欲しくなってきました。
2代目のケージを買ってからは、夜だけ寝室として使っています。





2015/8/17 体重 朝25g 昼25.4g

category: 飼育環境

tag: ・ケージ 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

 

タグ一覧

最近の記事+コメント

月別で読みたい方はこちら

FC2カウンター

新しい順に並んでます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。