ひとりっこ文鳥

一羽飼いの女の子

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

追記あり)トリコモナス症補足と今日のピッピさん  

トリコモナス症の動画も含めて、できるだけ沢山の方に知って頂いて、
早期発見早期治療で、救われる命が増えますようにと、
昨日の記事を書いたんですが、同じ思いを持ってらっしゃる方が、
とても有益な情報をコメントに下さいました。公開の許可も頂いたので載せます。

右のお気に入りリンクにあります、
「ちぃログ season2」のちぃさんからご提供頂いた情報です。
ちぃさんも愛鳥さんを雛の頃にトリコモナス症で亡くしてらっしゃいますので、
ご経験からのとても為になる事が書いてあります。
できれば多くの方に拡散して頂ければと思います。よろしくお願いしますm(__)m

・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・
●最近のペットショップからお迎えする子は、何かしらの病気を持っていると疑った方がよい
●お迎えする前に、最低でも「そのう」や「糞」の検査ができる病院を探しておく
●トリコモナス症の菌は「強毒株」と「弱毒株」があり、
 弱毒株では無症状で経過することがある(保菌状態)
●個人的経験からですが、環境の変化(ペットショップから飼主宅に異動)や
 成長による体調の変化(ハゲハゲ雛から羽が生え揃い始める頃)時に発症し易い

時系列としては…
1)お迎え直後ではまだ元気で差し餌も食べる
2)食べているけど体重が増えない(20g以下)←文鳥のヒナで言えば19gが限界体重
3)本来成長とともに活発になるはずなのに、何となく元気がない
4)寝ている(背寝する)ことが多くなる
5)お腹が空いているはずなのに差し餌を食べたがらない
6)食べても体重が増えず、未消化の糞をする
7)そのうからプチプチ音が聞こえる

こゆきちゃんはお迎えしてから4日目と、症状の進行が早かったと思います。
私の場合、落鳥したのはお迎えから13日目(生後約1ヶ月)で、丁度ヒナ換羽時期でした。
飼主の無知のために病院選びに失敗し、発見が遅れました。
最期の日の前夜、プチプチ音が聞こえる様になったので、
看病しながら徹夜で病院を探しまくり、朝イチで病院に連れて行こうと準備していましたが、
早朝から容態が急変(旋回行動)し、病院に着いて、
受付してもらっている時に息を引き取りました。
死因を確かめる為に、そのう検査と糞の検査をしてもらい、結果はトリコモナス症。
顕微鏡下で、まだ菌は生きていました。すごく悔しかったです。今でも悔しいです。
亡骸を抱え、泣きながら歩いて家まで帰りました。

先生に「もしお迎え直後に連れて来て治療をしていたら助かったのか?」と質問したら
「助かっていた可能性が高い」と言われました
(うちの子の場合、お迎えから少し日数があったので)。
先生から「病院に診せてなかったの?」と聞かれたので
「近くの動物病院に診てもらってましたが、検査とかしてくれなくて…」と答えた所
「あぁ・・・」と、納得されてました。この病院が、現在の主治医です。

なので、これから新しくお迎えする飼主様には、
是非、お迎えする前に鳥が診れる病院を探しておいて欲しいと思います。
このことがあってから、その後お迎えした子達は、
購入したその足で病院に連れて行き検査してもらっています。
環境や個体差、生後(感染)日数もあるので一概には言えませんが、
トリコモナス症は早期発見・治療で助かる可能性が高いです。
これからヒナを迎えようとする飼主さんには、同じ悲しい思いをして欲しくありません。
一人でも多くの方にこの病気のことが広まり、治療のお役に立てることを願って止みません。
最後に、トリコモナス症と同時に抱えていることが多い病気は、
コクシジウム症とカンジダ症です。カンジダは健康な鳥でも持っている常在菌ですが、
体力がなかったり大量にいる場合には深刻な症状を引き起こす事があります。
併せて注意が必要と思われます。
・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・

この中にはトリコモナス症の事だけではなく、病院選びの難しさも書かれています。
本当に世の中の「鳥も診られます」という病院の中で、
我が子を本当に信頼してお任せできる病院がどれだけあるのか。

飼い主さん側にどれだけ愛情があっても、知識や経験が足りない事は、
往々にしてあると思います。私だってピッピが初めて、
いくら本やネットで情報を沢山見たと言っても、判断はやはり先生に頼るしかありません。
そしたら、出来る事といったら、健康なうちに病院に行って、
そこが本当に何かあった時に、大事な我が子の命を託せる先生なのか、
ご経験、考え方、自分との相性(これもあると思います)、
色んな面から見極めて、そしてここはちょっと・・・と思ったら、
スパッと切り替えて別の病院に行く、病気になってからでは、
色んな判断って飼い主側には難しいと思うんです。
なので、健康診断、爪切り、いろんな機会は作りだせると思うので、
是非、自分に合った良い病院を見つけて欲しいと思います。

・・・と、ここまで書いた反面、現実的に難しい事も多いんですよね・・・
まず鳥をちゃんと診られる病院がそもそも少ない。
鳥専門なんて銘打っているところと言ったら、更に少ないと思います。
住んでいる地域に寄ったら、病院を選んではいられないという事も多々あると思います。
あと、ネット上にここの病院が良い、悪いってあまり出てませんしね・・・
下手したら病院の先生より、飼い主さんの方が鳥の知識が豊富って事もありますよね(^^;)
はぁ・・・もっと愛鳥家さんたちが安心できるぐらいの数の病院が出来て欲しい。
儲からないからかな・・・?わんちゃん猫ちゃんならたーくさんありますよね。
(もちろんその中にもヤブはいるでしょうから、病院選びの難しさは同じだと思いますが)

私のこの独り言的は部分はどうでもいいんで(^^;)、
ちぃさんからご提供頂いた、・・・・で囲われた部分、
ここは本当に多くの鳥飼いさんたちに知って欲しいと思います。拡散お願いしますm(__)m




・・・・・・ここから夜に追記した部分です・・・・・・・・
今日の記事で、コメントを掲載させて頂いたちぃさんから、
またとても参考になるお話を伺いました。以下に載せます。

病院選びは本当に難題だと思います。
頭ではわかっていても、物理的に近くに鳥を診れる病院がない…
という方もいらっしゃると思います。
最近のネット社会で利点と思われるのは、色々な方・地域の情報が検索できること。
口コミサイトで鳥がみれる病院がリスト化されていたりしますので
事前にそういうサイトを見ておくのも良いかも知れません。

ここからは、ちょっと難易度が高い(実践的ではないかも?)お話です。
主治医の先生からお聞きしたのですが、これらの菌は、
理科の実験レベルの顕微鏡でも確認することができるそうです。
どうしても、近くに病院がない場合には、自分で調べるのも手段の1つかも知れません。
(菌の拡大写真は、ネットで容易に確認することができるので)
そして病原菌がわかれば、後は近くの病院でお薬を処方してもらえば…
(容量用法は調べられると思います)

あと、私も実際にやってあげたことがあるのですが、
鳥が診れる病院に通院している鳥友達に、病院に行った際についでに聞いてもらう…
という方法も有りだと思います。なるべく詳しく症状などをヒアリングし、
あれば写真等も送ってもらって獣医に聞いてみる。
医師によっては答えてくれない人もいるかも知れませんし、
直接診ていないので確定診断はできないと思いますが、何となくでも目安になれば、
飼主さんの不安が少しは和らぐかも…です。
後は、鳥の病気についての書籍を買っておく…とかでしょうか。
私は「コンパニオンバードの病気百科」小嶋篤史 著(3,200円)という本を
持っています。獣医師・一般の飼主さん双方が読める医学書になっていて、
詳しい症例やカラー写真も載っておりお勧めです。
・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・


とても興味深いお話をありがとうございました。
顕微鏡で見られるとは!家に顕微鏡があったら、試してみる価値ありそうです。
さて。。。トリコモナスってどんなだろう、写真を探してみました。
動物病院の寄生虫のページがヒットしましたが、URLを貼っていいかわからないので、
興味のある方はGoogleで「寄生虫シリーズ⑥ トリコモナス症」と検索して見て下さい。
トリコモナスってこんななんだ~倍率何倍だろう・・・・?(;´・ω・)

あと鳥友さんに聞いてもらえそうな方がいたら頼んでみる、これもいい手だと思います。
聞ける聞けない、は先生とのお付き合いの度合いもあると思いますが、
私もあまりお忙しそうで無い時は、ピッピの事では無くても、お聞きした事があります。
ちぃさんも書いてらっしゃるように具体的な事は難しいですが、
過去に同じ症状や病気を先生も診察なさった事がある、など参考になります。

「コンパニオンバードの病気百科」は私も図書館で借りて読んだ事があります。
(高価だったのでまだ持ってません(^^;))でも、1冊あると良いですね。
よし!買うか・・・(`・ω・´)b


さて、サボり気味だった「今日のピッピさん」

どんなに寝るのが遅くなっても、起きるのは6時と決めているんですが、
途中どうしても眠くなって、午前の放鳥を娘に任せ、かなり寝ました(笑)
放鳥後、ケージに戻ったピッピの様子を見に行きました。
手を入れてみると、乗ってくれますが、相変わらず手の指の股を噛んできます。
PA167177.jpg

皮を引きちぎられるので、滅茶苦茶痛いです。出血する事も・・・
でも止めません。もう必死過ぎて、尾羽がケージの網から飛び出していてもおかまいなし。
「おーい、オチリが乱れてますよ(^^;)」
PA167170.jpg

ひとしきり暴力行為(笑)を働いたあと、一息つくピッピさん。
PA167184.jpg

PA167185.jpg
本当にこう思っているかはわかりませんが・・・(^^;)


2016/10/16 体重 25.9g

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ランキング参加中です♪
いつもぽちっと応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

category: 病院

tb: --   cm: 8

トリコモナス症のプチプチ音、聞いた事がありますか?  

タイトル通りなんですが、トリコモナス症という病気のプチプチ音、
ちゃんと聞いた事ありますか?


「トリコモナス症」
トリコモナスという寄生虫による感染症
雛に多く見られる病気で、そのう炎や食道炎、
口の中がねばつく、あくびが多い、
鼓膜が腫れて耳から突出するなど、の症状が見られます。
餌が食べられない為、弱って命を落とす雛が多い病気です。
経口感染で、感染した親鳥が給餌した雛や、
感染した雛と一緒に挿し餌を受けた雛が感染します。

検査で寄生虫の有無を調べ、早期に駆虫薬を投与すれば治ります。
新しい文鳥を迎えたら、動物病院で寄生虫の検査を。
感染していても発症しない事もありますが、
他の文鳥への感染源となるので、検査は必須

「幸せな文鳥の育て方」監修 伊藤美代子 より転載


でも実際にこの病気に触れていなければ、どんな音かわかりませんし、
実際トリコモナス症の治療をなさった方のブログなどでも、
動画でどんな音かを公開されているのは見た事がありません。
(私が知らないだけであったらすみませんm(__)m)

・・・・・・・・・ここで一言、前置きさせて下さい・・・・・・・・・・・・
この後、とても貴重なプチプチ音がはっきりとわかる動画を載せてあります。
できるだけ多くの方に見て頂いて、
「プチプチ音って文字では見るけど、実際どんなんだろう?」という方の、
少しでも参考になれば、と思っています。(アップ主さんのご意向でもあります)
ただ、この動画の中の白文鳥さんはその後、とても残念ですが亡くなっています。
調子を崩してからの様子と、あと最後のお写真も出てきますので、
ショックが大きい、見るのが辛いと思われる方は、
すぐ下の動画だけ見て頂いて、その先はこのブログを閉じて下さるようお願いしますm(__)m
(全てTwitter上で公開されているもので、
この記事も公開前にアップ主様(すみれさん)に見て頂いています)

昨日Twitterのタイムラインに、下のツイートが流れてきました。
はっきりとプチプチ音が聞こえる動画です。


すみれさんちのこゆきちゃん、白文鳥さんです。
by4iF8Qs.jpg
(10月9日にお迎え。生後17日目と思われる。
ショップでは 入店日しかわからないと言われた為)
それからすみれさんは挿し餌をして、毎日お世話をしてきました。




お迎えして5日目の10月13日


色んな動画があった方が判断の助けになると思うので、こちらも。


あとごく初期の音も載せます。10月11日の動画です。
※他の方のリプだったので、動画だけ取り出しました。


体重も増えないという事で、病院に連れていきました。


病院でのお話、すみれさんのツイートを文字に起こしました。
「家に来てからの餌のやり方保温と温度管理体重の計測頻度など 話して
よく 気がついた状態ですと 言われた。でも 触れる状態では無く
検査でとどめを刺す事になりかねないので 全ての状態に 薬を組んで だしてくれるそうです。
あなたの世話のやり方で ここまでされているなら
病院に居ても ダメかもしれない。病院は あなたと同じことをします。
あなたが 納得のいくお世話で 元気になるかもしれない。
薬をもらって連れて帰って 看護します。」



ここで間をあけますm(__)m(ブログを閉じられる方はここでお願いします)
























そしてその日の夜。


すみれさんのいくつかのツイートをそのまま転載させて頂きますm(__)m
「実際にはなかなか その時は 疑いながら うちの子はこんなに元気だから 大丈夫!って信じる気持ちが勝ったりします。今回は 意味のある命を皆さんに知って欲しくて アップしました。」

「うちのこゆきは 音がして 体重が増えなくなりました。そして 食欲もなくなりましたよ。お腹がへると元気になってました。弱ってくると目をつぶってくることが多いです。」

「私は今回 初めてこの音を聞きました。そして 調べてみたけど わからなかったんです…皆さん辛くて それどころではないのも とても よくわかりますし…仕方ないですよね。でも 本当に知りたかったんです…だから こゆきの命は無駄にしたくなくて…」
思い当たる事が多いんじゃないでしょうか・・・
何か少しおかしいな?と思っても、これだけ元気だから大丈夫、と信じる、
と言うか、もっと言えば信じたい、という気持ちになる事も多いと思います。私もです。
でも、その感じたちょっとした違和感が、大きな病気の発見につながる事もありますし、
できるなら早めに病院(できれば鳥「も」診られるではなく、鳥「を」診られる病院で)へ、
行ってほしいです。目に見えて変わった様子がわかってからでは、
病院に行っても、出来る事は限られている場合も多いです。

ここでひとつ申し上げておきたいんですが、今回のこゆきちゃんは、
検査できる状態では無かったので、はっきりとトリコモナス症とは診断されていません。
トリコモナス症だったのだろう、という推測です。

でもその後、この動画を上げられた事で、トリコモナス症を治療された方、
トリコモナス症で愛鳥さんを亡くされた方のリプが寄せられて、
うちもこんなプチプチ音してましたという声もいくつかありましたので、
やはり、トリコモナス症だったのだろうと思って良いと思います。

私もブログの方でお付き合いさせて頂いている文鳥飼いさんから、
トリコモナスで落鳥した子がこんな音を出してました、とリプを頂きました。
トリコモナスの場合、この音がし出したら手遅れに近い、との事です。

そこで「音が大きいと悪化してるんでしょうか?
軽症は音が小さいんでしょうか」とお聞きしました。
そしたら、音が大きいというより、口を閉じているのに、
プチプチと弾ける音(そのうや喉)がしだしたら
かなり深刻。その後、旋回行動(菌が脳にまわる)が出て落鳥する、
その子はこの音がしてから1日持たなかった、軽症の時は音がしません。との事でした。

トリコモナスは雛の時に見つかって、悪くすれば亡くなってしまう病気と思われていますが、
別の方から、4歳でトリコモナスが見つかって、
文鳥さんを亡くされたというお話も伺いました。
餌を食べないなと思い、鳥専門の病院に行って診断されたそうです。
普通は雛が発症する病気なので珍しいそうでです。
ずっと菌を持ったまま成長したんだろう、というお医者様に言われたそうです。
ちなみにこの方はプチプチ音は気づかなかったそうです。こういうケースもあります。
※お二方、どちらも転載ではなく、文章は変えてありますm(__)m

すみれさんは今回の動画を、少しでも多くの鳥さんが救われて欲しい、
こゆきちゃんの命を無駄にしてほしくないというお気持ちからTwitterで公開なさいました。
今回そのお気持ちに賛同して、私の方から申し出て記事にさせて頂きましたm(__)m
できるだけ、この動画が拡散されますように。
これをご覧になった、ブログやSNSをやってらっしゃる方、動画の拡散をお願いします。
あと鳥友さんなどにお伝えいただければ、有り難いです。
こゆきちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

このブログを公開前に限定にして、すみれさんに読んで頂きました。
その後、こう付け足してほしい、というおっしゃっていた言葉を最後に載せます。
「可愛がられている文鳥さんは、
みんなずっと幸せでいられますように。
今これを読んでいる方の横にいる文鳥さんが、
飼い主さんと健康に、笑っていられますように。」

category: 病院

tb: --   cm: 15

病院でお聞きした話  

あれ?今日も朝から暑い・・・朝のテレビで「熱中症に注意」って(^^;)

「昨日のピッピさん」下まぶたの3本の羽?がかわいいです(*ノωノ)

病院から帰って水浴びをした後です。疲れたのか、手の中に入ってきました。
でも足が熱いぐらいポカポカで、時間にして3分ぐらいハァハァしていました。
その時の動画です(52秒)※ぼんやりと腕に生々しいカミカミの傷跡が・・・(´;ω;`)


その後、口を閉じてウトウトし始め、眠ってしまいました。動画(28秒)

※どちらもテレビの音が入っています。

少し心配しましたが、その後は元気でしたし、今朝もいつも通りなので、
一時的なものかな・・・緊張やストレスで熱が出たかな?と。
どちらにせよ、動画から疲れた~という雰囲気は伝わってきます(^^;)

あくびをしたりは、日頃気にして見ていくポイントと病院でもお聞きしたので、
これからも観察していこうと思います。
(開口呼吸に関しては、1年前に時々見られ受診したんですが、
発情してそれ関連の臓器(卵巣?)が大きくなると、肺を圧迫して呼吸が
苦しくなる事もあるとの事でした。なので、これからも見られる症状かも?)

あと最近フンが大きくなったりしてませんか?とも聞かれました。
発情すると大きくなったりもするみたいですね。


昨日先生にお聞きした話。
・心臓肥大から肺に水が溜まるというのは文鳥に多いのか?

あまり聞いた事がないが、食事が原因で太り過ぎから、
動脈硬化になって、心臓が肥大したという症例は見た事がある。
それか先天的なものか。肥大によって神経が圧迫されると、
足など部分的に麻痺が出る事もよくある。

少し前に色々調べて初めて知った用語もあって、
テールボビングとスターゲイジングなんですが、
テールボビングは呼吸が早かったりする時に、
呼吸に合わせて尾羽が上下する事。
(テール(テイル)=尾、ボビング=上下運動)
先生にお聞きすると、呼吸疾患がある時に出る症状とか。

スターゲイジングは天体観測という意味で、
見上げる様な形で頭が上に向いている状態の事を言います。
もし気になった方いらっしゃいましたら「鳥 テールボビング」でgoogle検索すると、
何件か病院のサイトなどヒットしますので、見てみてくださいね。

・吐き戻しでお薬が処方されたというのを聞いたんですが?
吐き戻しが病気由来のものなら、お薬が出る事もある。
頻度が低ければ癖という事もあるし、発情期になると♀でも雛にあげるように、
クチャクチャと吐き戻しをする子も結構いる。

ピッピも前からですが、ペレットになった今でもたま~にクチャクチャしてます(;´・ω・)
キューキュー鳴いたり、くちばしをギョリギョリっと鳴らしたりはもちろんですが、
それ以外も「なんかウットリしてる」「テンションが異様に高い」「時々攻撃的になる」
「お腹まわりをふっくらさせて、怪しい雰囲気」などなど、
とにかく普段と違う事があったら、すぐに気分を変えたり、対応してます(^^;)
わかりやすい行動が無くても、な~んとなく伝わってくるものもありますし(笑)

・夜の保温について。
先週の寒い日に夜サーモを25℃設定でセットしていたんですが、
(結局25℃を下回る事は無く、点いてはいませんでした。)
それはやっぱりちょっと設定温度が高かったようです(^^;)

20℃設定で十分、温度湿度が高いと発情を促すので注意。
どちらかと言うと、昼間いる部屋の温度と夜の温度に差がありすぎないようにした方が良い。
健康なら10℃ぐらいまで下がっても大丈夫。
(もちろんこれは先生のお考えなので、寒がりの文鳥さんもいますし、
体調その他、設定温度は色々だと思いますm(__)m)
また保温にも頭を悩ませる時期が近づいてきました~。
保温すると乾燥するので、湿度も心配、でも過度だと発情。う~ん(-_-;)

最後に目がパッチリ開いた時のピッピさん。

明日は、病院で小耳にはさんだ、少しジーンとした話を書こうと思います。


2016/9/27 体重 25.8g

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ランキング参加中です♪
いつもぽちっと応援ありがとうございます!

category: 病院

tag: ・通院記録  ・発情  ・動画 
tb: --   cm: 8

健康診断(追記あり)  

「今日のピッピさん」
今日夕方、3ヵ月ぶりの健康診断なので、早速準備を・・・
キャリーの事、覚えてるかな?と好物をセット。
すんなり入りました(⌒∇⌒)そっと入口を閉めて、様子見です。


普段予約なしだと1時間以上待つんですが、今日は前々から予約してあったので、
タクシーでさっと行って、さっと帰って来ようと思います♪

帰ってきたら、今日2回目の更新をしようと思います。(追記にしました)
というわけで、昨日撮れたちょっとまぁるいピッピさん。
IMG_4902_1.jpg
この時は、次の日病院に行く事も知らないんですよね(^^;)


帰ってきました(^▽^)/外出時間にして約2時間、やっぱり疲れますね~。
(病院までは車で10分なんですが、午前の診察が押していて結局1時間待ちでした(^^;))
でも一番疲れたのはもちろんピッピかな?(^^;)
「帰りのタクシーを待つ間、夕日に照らされるピッピさん」

(冬場なら湯たんぽなどと一緒に、バッグで(もっと寒い日は段ボール)で行くんですが、
今日はキャリーをフリースで包んで行きました。)

健康診断は問題無し。太り過ぎず痩せすぎず、ちょうど良いね~とのお言葉♪
ちょっと骨盤は開いてるそうで(やっぱりか(^^;))、発情対策しないとですね。
「そのう検査、どうされますか?」と聞かれて、「どっちが良いんでしょう?
必要ならお願いしたいですが・・」逆に聞き返す私(^^;)素人にはわかりません。。。
「口の中を見て綺麗なら、必要無いです」との事だったので、見て頂き、
その結果、検査はしませんでした。フンの検査も異常なし(⌒∇⌒)

少し左足が流れる感じがある、との事でしたが、
実際に指に止まらせたりして、これぐらいなら大丈夫でしょうとの事でした。
発情すると、左足に力が入りにくくなったりするそうです。

後はせっかくなので爪切りをお願いして終了です。
やっぱり先生は容赦無く、バッツリ切って下さいます。スッキリ~♪
爪切りが終わった後、少しハァハァしてました(^^;)

とりあえずホッとしました。骨盤が少し開いている、というのは想定内(^^;)
最近、テンションが若干恋する乙女~でしたから。。
明日は補足的な内容(先生にお聞きした話など)を書こうと思います。


再診料      600円
糞便検査     500円
ネオフード小粒 210円
(途中こぼしてしまって、補充で少量パックを購入)
合計     1310円



2016/9/26 体重 25.5g

にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ランキング参加中です♪
いつもぽちっと応援ありがとうございます!

category: 病院

tag: ・通院記録 
tb: --   cm: 4

8回目の病院(アイリングの色)   

今日の記事は昨日の病院について書きますが、備忘録なのでかなり詳細に長くなります(^^;)

今回の病院は、半年ぶりだったのでピッピも少し緊張したようです。
去年は7月から11月に5回も病院に行っていたので(カテゴリの病院に通院歴があります)
お出かけも、車も、病院に着いても比較的落ち着いている感じがありましたが、
昨日は「ここどこ?」という不安感がありました。

車内で待つピッピさん。少し不安げです。
(昨日は寝室ケージで行きました。上からフリースが掛けてあります)


受付前の待ちも入れて、計2時間半待って診察です(^^;)
アイリング、昨日の段階で少し赤みが戻って来ていたんですが、
経緯をお話しすると「確かによく見ると白いね~」という事で、診て頂きました。
※昨日のアイリング。


※一昨日のアイリング。ここが白かったです。


感染症のものだと目ヤニが出たりするそうですが、目ヤニは無し。
痒がってこすったり、該当する方の目を閉じている事が多いという事もありません。
目の病気で呼吸器に影響が出る場合があり、そういう事はありませんか?とも聞かれました。
診て頂いて特に気になる事も無く、呼吸器系も問題無いのとの事で、
このまま白いのが続いたり、一部分だったのが拡がってきたり、
呼吸が不自然になったりしないか、様子見という事になりました。
去年もハゲた時にそうなったので、換羽の影響かと思います。
今日見ても、同じぐらいの赤みなのでこのまま戻ってくれれば・・・。

半年ぶりなので、糞便検査とそのう検査もお願いしました。
糞の状態は菌も無く、ちゃんと消化もされてますとの事で一安心。
そのう検査は・・・あれは何回見ても私の方もゾゾゾっとします(´;ω;`)
注射器に長い管みたいなのがついたものをぐぐぐっと入れていきますよね。
必要な検査ですが、いつもかわいそうになってしまいます。

そのう検査も問題無かったんですが、今回初めて検査後、開口呼吸をして、
時間にして10秒ぐらいかな、目を閉じてハァハァと少し苦しそうでした。
初めて見たので、先生に「これがいわゆる開口呼吸で、これがもっとひどくなると、
てんかんになるんですか?」とお聞きしたら、そうです、との事でしたΣ(゚д゚lll)ガーン
これは・・心配になりますね。よく覚えておこうと思いました。
久しぶりの病院で緊張しているところに、管を入れられて負担が大きかったかな、
ごめんね、ピッピ・・・(´;ω;`)
体格も脂肪も無く、ちょうど良いとの事でした。
あと一応発情の事をお聞きしたんですが(去年は骨盤が開いていた)
バッチリ閉じていますよ、との事でほっと一安心。



爪切りもお願いしました。
自分で切る事が多かったので、このところ病院で切って頂く機会がなくて(^^;)
でもたまには先生がどの程度切るか、参考にしたいと思って・・・

※切る前の画像


※先生に切って頂いた後。


※後ろ


さすがプロフェッショナルのお仕事!と思いました。
ちょうど電話もかかってきていたので、受話器をアゴに挟んで会話しながら、
チャチャっとこの仕上がりです!バッツリ切って下さりました。
体感で自分が切る時の3倍の長さは切っているような?
(私は0.5mmずつとか、ちまちまやっているので(^^;))
切り過ぎて出血もさせたくないですが、血管が伸びないようギリギリまで切りたいので、
この画像、毎回見返して参考にさせて頂きます。



その他、色々お聞きした事メモ。

Q:ペレット、について。
ラウディブッシュ、ネオフード小粒、ネオフード文鳥専用フード、
色々試して時期によって変えているんですが、大丈夫でしょうか?
A:ペレットは廃盤などもあるので、色々食べられるようにしておくのは良い。
文鳥専用フードについてお聞きすると、たんぱく質の割合が、
小粒は14%、文鳥専用は18%なので、その点が良いとおっしゃってました。
特に換羽の時期はたんぱく質が必要なので。
(でも先生、ピッピは文鳥専用は大嫌いなんです(´;ω;`)とお話ししました(^^;)
発情対策に食欲を抑える為に使っていたぐらいですとも(笑)
黒瀬さんに問い合わせた時も小粒でも文鳥専用でもどちらでも良いとの、
回答だったので、まあそこまで文鳥専用にこだわってはいませんが・・・)
(ペレットならネクトンは不要。ネクトンについてお聞きした事は昨日も書きました。)

Q:くちばし剥がれについて
A:換羽に関係なく古くなったら剥がれる。乾燥した時期に多い。
今は特に新しい羽を作っているのでたんぱく質を取られてるかも。

Q:ペレットになって青菜をあげる頻度が下がってますが・・・
A:余分なビタミンは尿で出てしまうので、食べる楽しみという点でもあげると良い。
でもペレットなので栄養的には食べる量などシードより気にしなくて良い。

Q:換羽についてこれから気を付けて観察する事。
A:1日のうちで体重の変化は1gぐらいはあると思うが、その幅が下にズレるかどうか観察。
普段は朝~昼は25g~26g台だったけど、今は24~25g台なので。

Q:時々手の中で口をパカーとしている事がある。
A:暑い時の開口はワキもひらくので、膨らんで開口呼吸をしていたら気を付けた方が良い。

Q:時々食後、口の中でクチャクチャとしている事がある。
A:何かひっかかって戻している場合もあるので、頻繁にやっているか、
ずっとやっているか、あくびやクシャミをしていないか、そういうのを観察。
(ピッピはシード時代から、一粒だけ戻してまたモグモグをよくやっていました)

Q:発情はもう大丈夫でしょうか?
A:この時期はまだ何かきっかけがあれば発情してしまう恐れあり。
完全に暑くなってしまえば大丈夫だが、エアコンで冷やしたりするとまたなるかも。
なので夏でも、風通しがあれば室温は30度ぐらいで良い。

Q:止まり木をしっかり掴まず、ゆったり乗っている事が多い
A:普通はしっかり掴むもの。足の力が弱いかな?(先生~(´;ω;`))
でもその子の個性でゆるく乗る子もいる、との事。
止まり木があまり太いと掴まらないで乗るクセがつくかも。

結局、普段から気にしていた口パカー(滅多にやりませんが)、
お口クチャクチャなどは、頻度や、それが続くか、他に異変は無いか、
そういう観察が大事と思いました。ひとつの症状?を気にするよりも、
普段と違った事があるか、など広く見ると言いますか・・・
気を付けていこうと思います(^▽^)/

朝8時前に家を出て、帰って来たのはお昼前です(^^;)
私も疲れましたが、ピッピもとても疲れた様子で、
ごはんを食べて、水浴びをしたら、すぐお昼寝をしていました。
でも特に問題も見つからず安心できましたし、色々お聞き出来て良かったです。



再診料    600円
糞便検査   500円
そのう検査  500円
合計     1600円



2016/6/4 体重 朝24.5g昼25g

お疲れピッピです。がんばったね。
にほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へ
にほんブログ村
ランキングに参加中です。
もしよろしければぽちっと応援よろしくお願いします。

category: 病院

tag: ・通院記録 
tb: --   cm: 8

プロフィール

 

タグ一覧

最近の記事+コメント

月別で読みたい方はこちら

FC2カウンター

新しい順に並んでます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。